横浜銀行カードローン在籍確認 勤務先に連絡あり?電話確認なしでキャッシングしたい

 

横浜銀行は貯蓄高の多い地方銀行で安定した経営を行っています。貯蓄をすることや給料等の入金用に口座を持っている方もたくさんいます。

 

お金を借りる方法としても利用できます。消費者金融で呼ばれているキャッシングと似ている内容ですが、銀行系の場合はカードローンと呼ぶことが一般的です。

 

横浜銀行カードローンを利用する際には、必ず審査が行われることになり、全てをクリアした方だけがカードローンの利用対象者になります。

 

多くの方々が不安や疑問に感じてしまう内容に、審査を行う段階で勤務先に連絡があるのかどうかの内容をあげられます。

 

キャッシングの申し込みやカードローンの申し込み時には、殆ど全ての会社が審査を行うことになり、同時に在籍確認を行っており、横浜銀行でも例外ではありません。

 

審査の流れでは、最初に個人証明を確認されます。自動車の免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが公的な証明になり、次に住んでいる環境も審査基準に該当しています。

 

賃貸物件よりも所有物件の方が有利とされているものですが、住んでいる年数も影響することが考えられます。勤務先での勤務実績や得ている収入もチェックされる内容です。

 

長く勤務をしていて、尚且つ信頼できる業界や会社の場合では大きな問題はありません。そして、最大のネックになることがあり、金銭関連の情報です。

 

過去歴を全て照会されることになるので、いわゆるブラックリストに載っている人や、過去にキャッシングをして返金が滞ったり、返金を済ませていない人は対象外になる可能性が十分にあります。

 

普通に生活をしていて普通に仕事をして、普通に収入を得ている方であれば、問われることが無いとも判断できますが、住宅ローンや自動車ローン以外でキャッシングを沢山利用している人も注意が必要です。

 

逆に言うならば、キャッシングを過去に何度も利用している方が、その都度きちんと返済を済ませている場合では、信頼度を高めることができるという審査が一般的です。では、在籍確認のタイミングと言えば、個人情報などをチェックして仮審査を通過した方を対象として行われています。

 

横浜銀行のカードローンでは勤務先に電話をする日時などを指定することができるので、営業日に合わせて報せておくことが基本です。

 

即日に借りたい方のケースでは、午前中の早い時間帯に申し込みをすると、当日に勤務先へと連絡が来るので即日融資を可能にできます。

 

審査自体は短時間で済ませることができ、在籍確認で会社に電話する際にも直ぐに会話は終わります。

 

完全に銀行と判断することができないように十分な配慮をして連絡しているので、心配や不安を感じている方でも問題はありません。

 

個人名で電話を掛けており、電話口に本人が居なくても、対応者に在籍しているのかどうかを直ぐに聞きだすテクニックを有しているので、カードローンを利用することが知られてしまうことは全くありません。

 

しかし、利用される人によっては、電話に出た別社員の人から後から内容を問われてしまうのではないかと心配に感じてしまう場合も多いものです。

 

回避方法というものは存在していて、横浜銀行の場合は、公式ホームページから申し込み手続きをするのですが、必須事項を入力していく中で、内容を確認する電話が必ず事前に本人に来ます。このタイミングで担当者の方に書類を提出することで在籍確認の代わりにしたいという趣旨を伝えると、その後は勤務先に電話が掛かってしまうことが一切ありません。

 

書類提出の方法で迷ってしまう方も多いものですが、横浜銀行では作業を簡素化しています。提出が必要になる該当種類は2つあり、給料の明細書と源泉徴収票になります。会社名がきちんと入れられていることが必要になり、スマートホンで各書類を写真撮影した後に、横浜銀行側へと画像送信することで審査がスムーズに行われます。

 

この方法であれば、勤務先に連絡が行ってしまうことを完全にストップさせられるので、覚えておくと非常に便利です。給料の明細書と源泉徴収票は必須要件になるので、前もって準備をしておくことが求められますが、在籍確認を本人の理由で行いたい方にはこの方法がベストです。

 

もしも電話を用いて勤務先に問い合わせる方法であっても、完全に個人名で番号を非通知で掛けており、質疑なども一切行わない簡単なものなので心配することはありません。書類審査の場合でも、会社名や本人の氏名、日付などが必要になるので、写真撮影する際には映し方に十分に配慮することも必要です。

 

横浜銀行ではスピーディーな審査を行っており、即日にキャッシングを利用することも可能です。そもそも銀行口座を持っている方のケースでは、スムーズに審査を通過することができることが多いのですが、それ以外の方でも柔軟な対応を行っている銀行です。

 

低金利でお金を借りることができ、限度額は総量規制の対象外とされているので、収入に応じて限度額を高くできるという魅力もあります。利用を検討している方は、在籍確認のタイミングや種別、回避方法を知ってから申し込むことが必要です。