プロミス増額審査よりも新規消費者金融でお金借りる 24時間審査可能なカードローン 土日祝日でも借りれる?

 

プロミス増額審査の流れ 電話確認と審査は厳しい?新規申し込みとどちらがいい?

1.大手消費者金融を選ぶ

 

 

2.オペレーターが柔軟な金融会社を選ぶ

 

 

3.対応がいい消費者金融を選ぶ

 

 

 

プロミスのほかに即日お金借りれる消費者金融 当サイトおすすめ比較ランキング

 

 

・プロミスならオペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス実質年率 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

 

 

 

・SMBCモビット実質年率3.0−18.0%
・SMBCモビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット勤務先連絡 詳細

 

 

 

・アイフルの金利 4.5%−18.0%
・借り入れは1000円から
・最高限度額500万円
・最短30分審査完了
・来店不要、即日融資可能で審査
・手続きはネットですべて完結で便利
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

 

アイフル職場電話 審査基準

 

 

プロミス増額審査通過の否決 在籍確認は再度ある?増額と他消費者金融新規申し込みどちらがいいか

 

プロミス増額審査の流れ 電話確認と審査は厳しい?新規申し込みとどちらがいい?

キャッシングをする時には、大手で知名度の高いプロミスを選択する人も多いです。

 

審査時間はわずか30分で済むこともあり、即日融資に対応しています。

 

申し込み方法にはWEB完結型が用意されていて、VISAプリペイドカードチャージによるキャッシングなども利用しやすいと評判です。

 

プロミスは融資を受けてから滞ることなくきちんと返済していけば限度額の増枠にも対応してくれる金融会社です。

 

利用者の立場に立ったサービスが選ばれる理由になっています。

 

カードローンを利用する際には、限度額ギリギリに設定するのではなく必要な分だけを借りることが安全に利用するためのコツです。

 

まだ返済をしている段階でお金が再び足りなくなって融資を受けたくなる時があります。

 

そんな時にはまずはプロミスで増額できそうかを確認することが重要であり、申し込んでみて否決されたら別の消費者金融に申し込むようにします。

 

増額を希望する際に注意しなければならないことは、初回の契約をした時と同様にきちんとした審査が行われるという点です。

 

新規の時よりも慎重に審査が行われるとも言われていますので、どのような項目が重要になるのかを知っておかなければなりません。

 

増枠の際にしっかりとした審査がなされるのは、新たなに融資を行うことでリスクが高まるためです。

 

余裕を持った生活をしている人は返済中に新たなキャッシングをしようとは考えませんので、生活が安定せず余裕がない状態であるとみなされます。

 

通りやすい人の傾向を見てみると、他社からの借り入れとプロミスの増額後の借り入れ合計額が総量規制の範囲内である年収の3分の1に収まっています。

 

この合計額というのは非常に大事な部分であり、他社から多額の借り入れをしている人はそれだけでマイナスポイントになりますので注意が必要です。

 

他にもその他社から借りたお金を遅れることなくきちんと返しているかが大事であり、増枠を希望する顧客に対しては新規の時と同じように信用情報機関への情報紹照会が行われます。

 

増枠をしたいのなら、他のローンなどを返してから申請をすることが通過するためのポイントです。

 

お金を借りているということを職場の人に知られたくないと考える人は少なくありません。

 

在籍確認を気にする人は多いのですが、勤め先などに特に変化が無いのであれば基本的に在籍確認は行われません。

 

これは、プロミスなどの金融機関が最初から返済能力のある人に対してしかお金を貸さないため、既に通過できているということは一定の信用があると考えることができるからです。

 

在籍確認が行われる状況とは ばれずにお金を借りたい

 

プロミス増額審査の流れ 電話確認と審査は厳しい?新規申し込みとどちらがいい?

ただし、最初の時と状況が変わって転職をしていたり、所属部署や配属先が変わったり、収入が著しく低下しているようなケースでは在籍確認が行われます。

 

電話がかかってこないように虚偽の申告をしようと考える人もいるかもしれません。

 

既に在籍していない会社を申告したり、存在しない会社名で申し込んだとしてもすぐにバレてしまいますので、正直に伝えた方が得策です。

 

虚偽の申告が明らかになると、不正申し込みを行ったとみなされて審査に落ちるだけでなく二度と申し込みを行えなくなります。

 

電話が来るようなケースの場合、どのようにかかってくるのかを知っておくと安心です。

 

基本的な流れや必要なやり取りは新規の際と同じであり、担当者は会社名を名乗ることなく個人の名前でかけてきます。

 

本人が出られなくても電話に出た人が「席を外している」とか「外出している」などと答えてくれればOKです。

 

その勤務先に所属していることが分かれば良いので、確認はこれで終わります。

 

お金を借りている消費者金融に増額してほしい!増額審査の秘訣とは

 

プロミス増額審査の流れ 電話確認と審査は厳しい?新規申し込みとどちらがいい?

長い間きちんと返済していて収入が上がっていれば増額をしてもらうのはそれほど難しくありません。

 

審査は非常に厳しいものですので予想に反して落ちてしまうこともあります。

 

審査を受けるということ自体にリスクを伴い、増額が否決で限度額がそのままならまだ良いです。

 

通過できなかっただけでなく限度額が下がったり利用停止になるケースもありますので、気軽に申し出をしてはいけません。

 

もう少しキャッシングをしたいと考える場合、自分の状況を冷静に分析した上で可能性の高い方を選ぶことが大切です。

 

既にプロミスカードを持っているのですから、そのまま増やしてもらうのが良いです。

 

無理そうなら他のカードローンを新規で申し込んだ方が上手くいく時もあります。

 

一般的に新規の方が通りやすくなっていますし、審査はスピーディーに行われますので最短で当日のうちにお金を用意することができます。

 

遅くても次の日には借りられますので、急いでいる時にも利用しやすいのが新規での借り入れです。

 

初めての利用の場合には一定期間無利息でキャッシングができるようなサービスを導入しているところも多いので、返済する額を減らせるというのもメリットです。

 

どちらを選んでも在籍確認は行われるのですから、通りやすい新規で申し込むというのが得策かもしれません。